今週の特選情報
巨大利権プロジェクト 16日(日)終了 AF-LP1利権.png

【ミッシングピース】GACKT×暗号通貨」キャンペーン緊急停止 (1/15)

仮想通貨ニュース

【ミッシングピース】GACKT×暗号通貨」キャンペーン緊急停止 (1/15)
  • レジャーナノS.jpg

1.世界最大の仮想通貨取引所バイナンスが急成長

 取引量で世界一の仮想通貨取引所バイナンスが急成長を遂げている。
 仮想通貨相場がやや低調となるなか、10日には一日の口座開設数が24万件となり記録を更新した。

出典 http://jp.cointelegraph.com

2.「【ミッシングピース】GACKT×暗号通貨」キャンペーン緊急停止


注意.スピンドルのICOは、従来通りです。
 あくまで、メディア. comセンターの「【ミッシングピース】GACKT×暗号通貨」キャンペーンが停止になったということです。

現在、皆様のお力添えで大盛況の
本キャンペーンを2つ要因により、
緊急停止しなければならなくなりました。

要因の1つは、

アフィリエイター様の中で、
オプトイン後のページに挿入している
転用禁止記載の動画部分をキャプションし、
メディアや媒体で紹介された方が
いらっしゃったことになります。

今回の案件のスタートにあたって、
GACKTさんの事務所からGACKTさんの
イメージダウンになる様な行為と、

GACKTさんの画像を使う事は
肖像権の都合で絶対にしないでという事を
強く言われておりました。

非常にデリケートな問題であるにも関わらず、
繰り返しのアナウンスを行ったりなど、
細部にわたっての配慮や注意が足りていなかったと
反省をしております。

また、もう1つの要因も非常に深刻でして、
今回のキャンペーンに乗じて
一部振り込め詐欺グループが便乗マーケティングを
始めていることが発覚いたしました。

とても反響のあるキャンペーンであり、
スピンドル本部からキャンペーン自体の中止を
勧告されました。

以上の理由によって、
誠に残念ながら今回のキャンペーンを
停止させて頂く事をご容赦頂けます様、
何卒、宜しくお願い申し上げます。

出典 http://mdc888.jp

キーになるのは、

1.肖像権
2.振り込め詐欺グループの便乗マーケティング

ですね。

今回は、肖像権が気になり調べてみました。

 肖像権は、自分の肖像を勝手に撮影されたり、絵に描かれたり、加工・公開などの使用をされない、という権利です。
 法律で定義されていないため、侵害しただけでは罪に問われることはありませんが、使用の差し止めや損害賠償請求がされる可能性はあります。

出典 http://anywher.net

 芸能人などが持つ顧客求心力の価値を保護するのが「財産権に基づいた肖像権」、正式には「パブリシティ権」と呼びます。

 例えば、あなたがある芸能人を応援するサイトを作ったとします。出来たばかりなので、文章ばかりで寂しい感じだとあなたは思いました。「そうだ、芸能人の写真を使おう!」……さて、これは許されるのでしょうか? 答えは「許されない」です。

出典 http://www.iprchitekizaisan.com

極力、芸能人の画像、映像はブログでは使わないことが賢明ですね。

3.注目されるICO情報 FountainConnect

 Fountain Connectは、寄付活動に透明性と確実性を持た せるためのプロジェクト。

 本日の17時よりCCAのICO第3弾
「Fountain Connect」のプレセールが開始となりました。

 寄付金の使途がはっきりと見える
 画期的な寄付プラットフォームにより、
 不透明な寄付活動を一掃!

 不正のない寄付活動を実現するためのプロジェクト。
 「Fountain Connect」はこちらから


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今週の特選情報
巨大利権プロジェクト 16日(日)終了 AF-LP1利権.png

タグ

月別アーカイブ