ICO窓口818.png

仮想通貨で1億円儲けたら税金はいくら? (2/18)

仮想通貨ニュース

仮想通貨で1億円儲けたら税金はいくら? (2/18)
  • レジャーナノS.jpg

禁断のM4プロジェクト解禁! 

華僑、証券会社、世界トップトレーダーが認めた
M4プロジェクトファイナルがついにスタート!!
※いまだけ98万円相当の特典が“完全無料”で貰えます。

 
 さあ、確定申告スタートだ。
 頭の痛い方が多いだろうな。

1.仮想通貨で1億円儲けたら税金はいくら?

 年収500万円のサラリーマンが仮想通貨の取引で1億円の利益(雑所得)を得たと想定すると、所得税が約4200万円、住民税が約1000万円で、税金は合計約5200万円になる。住民税は6月・8月・10月・翌年1月の年4回にわけて約250万円ずつ納めることになる。

出典 http://ascii.jp

2.「仮想通貨どうすれば…」 確定申告スタート、戸惑いも

 一時期数千万円規模の仮想通貨を保有していたという東京都内の30代の男性会社員は「別の仮想通貨に交換する取引も多く、税金をいくら納めなければいけないのか把握できていない。資金の工面をどうするかも考えないと……」と漏らす。 国税当局側は仮想通貨関連の取引に目を光らせている。

出典 http://www.nikkei.com

3.LISK(リスク)から見るPoSの暗号通貨ローンチの事例、クラウドセール2年後のプロジェクトの今

 ビットフライヤー社は、日本国内では最も上場基準が厳しい取引所のひとつでもあるので、LISK(リスク)の上場発表時は、注目が集まりました。
 LISK(リスク)は2016年に、当時のレートで約6億円の資金をクラウドセール(当時はICOという言葉が存在しなかった)で調達しました。

出典 http://coinchoice.net

今日の動画

 
フィギュアスケートの羽生が金、宇野が銀は泣けた。
本当に日本の誇りだ。
そして、こちらの金と銀のプロジェクトも終盤になり、絶好調。
ここにきて、勢いが止まらない。


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ICO窓口818.png

タグ

月別アーカイブ