今週の特選情報
THE MOON プロジェクトから
招待状です。
moon4.bmp

SBIホールディングス 仮想通貨取引所を本格的に開始

仮想通貨取引所

SBIホールディングス 仮想通貨取引所を本格的に開始
  • レジャーナノS.jpg


こんにちわ。

SBIホールディングスの仮想通貨取引所

VCTRADE

が動き出しましたね。

まずは、本日口座開設をしてみました。


https://www.sbivc.co.jp/


まだ、3種類の通貨の取り扱い

・リップル
・ビットコインキャッシュ
・ビットコイン

ですが、 早く、イーサリアムの追加をと
思っています。

新しい仮想通貨取引所ですから、
安心でセキュリティが高いようですので、
利用していきます。


仮想通貨アドバイザーの酒井公坊さんのLINE
に説明がありましたので、シェアしますね。

こんにちは

ついに7月17日、日本のフィンテック大手

「SBIホールディングス」

の傘下である

「SBIバーチャル・カレンシーズ」

が仮想通貨取引所

「VCTRADE」

の新規口座開設の募集を発表しました。

仮想通貨取引所

「VCTRADE」

は3月に公開の延期が発表されて以来、
なりを潜めていましたが、
ついにSBIが厳格なセキュリティに対する規制上の要求に合致したため、
数か月の遅れを迎えて公表に至りました。

ただし、新規口座の開設には大きく2つの但し書きがあります。

・日本に居住する20歳から70歳の個人の口座開設が可能


・法人口座を開設するための申請は現在受け付けていない


つまり現在のVCTRADEは日本在住の個人を顧客の対象としているようです。

またVCTRADEでは
今のところ以下の3種類の通貨を取り扱うようです。

・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ビットコイン(BTC)

当初は取り扱い通貨がリップル(XRP)のみで、
プレリリースとしてVCTRADEは6月から営業を開始していました。

そして、

・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ビットコイン(BTC)

と取り扱う通貨が増え、
現在の3種類の通貨を取り扱うようになりました。

さらにSBIの決算会での報告によると、
今後イーサリアムの取り扱いも検討しているようです。

金融庁から認可済みの取引所すべてが、
業務改善命令を受けるという混沌とした日本の暗号通貨取引所市場ですが、
そこに満を持してフィンテックの巨人SBIホールディングスが
VCTRADEを携えて参入してきました。

国内の暗号通貨取引所の趨勢に注目ですね。


追伸.

★ネット副業は、誰にでも、簡単で必ず稼げるが重要

 ネットビジネスコミュニティ THE FINAL~成功という名の結末(ファイナル)~
 があります。

 どこよりも、講師陣やスタッフが親身で、
 さらに、最強の、すばらしいビジネスツール・サービスを提供しています。
 こんなビジネススクールは現状、他に絶対ありません。

 まずは、無料で
  FINAK415.jpg
 仮想通貨投資の種銭を稼ぎましょう。いや、受け取りましょう。
 私も参加しています。


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今週の特選情報
THE MOON プロジェクトから
招待状です。
moon4.bmp

月別アーカイブ