今週の特選情報
lp2funds.png

だいたい3分でわかる 仮想通貨の税金の話

仮想通貨ニュース

だいたい3分でわかる 仮想通貨の税金の話
  • レジャーナノS.jpg


 「仮想通貨の儲けが確定する日は12月31日、納税のタイミングは3月15日(または4月20日頃)と異なります。これを理解しておかないと、せっかく儲かったお金が納税してなくなるという悲しい結果で終わってしまいます。納税も投資のコストの一部として考えることが必要です。仮想通貨は攻めの投資ですが、税金の知識を得ることは守りの投資です。ぜひ、みなさんも本書を読んでいただき、仮想通貨にかけられる税金を理解し、自分の身を守ってください。」
 と大見光男税理士は言っています。

 なるほど。これは、注意したいですね。

 さて、仮想通貨投資をする場合、当たり前ですが、税金(確定申告)のことを考慮しなければなりません。
 そろそろ、その準備が必要です。
 さて、税金を納めないと、こんな罰則が・・・。

 確定申告を忘れてしまった! → 延滞税と無申告加算税
 確定申告を故意にしなかった。→ 延滞税と重加算税


 無申告加算税は、
 税額50万円までは15%、50万円を超える部分に20%上乗せされます。

 延滞税は、
 納付期限2カ月以内、年2.6%、2カ月を超えると年8.9%上乗せされます。

 重加算税は、
 通常、税額の40%、最大50%になります。

 つまり、本来納める税額の1.5倍前後の税金を納めることになりますよ。
 怖いですね。

 私は、ICO投資が中心ですが、
 ICO購入の場合は、ビットコインでICOトークンを購入する、
 つまり取引所における仮想通貨による仮想通貨の売買と考え、
 仮想通貨(例えば、ビットコイン)を売却して、日本円を得て、その日本円で
ICOトークンを購入したと考えます。
 従って、ビットコインの利益がまずは、所得金額になりますね。

 ICO投資では、対価として支払った仮想通貨の時価をICOトークンに出資した
と考えるわけです。 

 仮想通貨投資の初心者、あるいは既にやられている方へ
 下記の本は、必読・必携ですよ。とても分かり易く書かれています。おススメします。もちろん、私は、購入しました。




 ちなみに、今、国税庁は仮想通貨に注目しています。
 あなたの仮想通貨取引は税務当局に見られています。
 くれぐれも、仮想通貨投資をしている方は、確定申告を忘れないようにしましょうね。



1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今週の特選情報
lp2funds.png

月別アーカイブ